偏頭痛 hemi headache

このページは管理者「たっけ」が苦しむ「偏頭痛」(片頭痛)について調査した 結果を書いてあります。

種類

そもそも頭痛には緊張型頭痛偏頭痛がある。

緊張型頭痛

緊張型頭痛症候群というらしい。

  • 「クモ膜下出血」や「髄膜炎」と一見同じ症状。でも違う病気。
  • 枕が低くないと眠れない方がおおい。
  • 脳神経外科の病気。神経内科にかかるよろし。
  • 眼の上瞼から眼球をおさえると痛くちくちくし、

下瞼から眼球をおさえても痛くないのが特徴のひとつ。

  • たっけさんにこの症状はない。
  • 水を飲むとすぐにお小水に変わる。
    • たっけさんはこの症状は顕著。アルコールは特に。
  • 「引き金」はお水が足りなく夜間就眠中に背部を冷すことにより発症
    • 背中を冷やしていたことが多いかも。

緊張型頭痛は、肩や背中の凝りが原因とか。たっけさん自身も緊張型頭痛を患っているので、適宜、首を曲げるマッサージや、ひじを後ろに突き出すようにして胸を前に押し出すマッサージ、両肩を数秒間身体の上に持ち上げ一気に落とすマッサージなどをしている。これらによって、緊張型頭痛はほぼ解消した気がする。

偏頭痛

  • ズキンズキンとした激しい拍動的痛みが、頭の片方に数時間から数日に渡って起こります。
  • 体を動かすことや物音、明かり等の刺激にも敏感になったりして、症状が悪化します。
  • ひどくなると吐き気をともなうこともあります。
    • たっけさんの場合、吐くとすぐに快方に向かいますが、衰弱します。
  • アレルギー、ホルモン変動、ストレス、遺伝など、さまざまなものがあげられます。
  • 場合によって数日間何も手につかないほど不快なものですが、その治療に医師が処方する薬は役に立たないことがよくあります。
  • 親が偏頭痛を持っていると、約50%の割合で子供に遺伝します。
    • たっけさんの母親は若い頃、偏頭痛持ちだった。
  • 偏頭痛は主に15歳〜55歳までの年齢層に多く見られ、女性と男性では3対1の割合で見られます。特に女性の場合、生理の前後に症状が多く現れます。これは女性ホルモンの変化が引き金となっているからです。
  • 大腸の不調が原因とも。
    • たっけさんは、トイレに行くのを我慢していると頭痛が起きます。関係あるかも。

診察

  • 痛みの無いときに受診されても頭痛・片頭痛は正確に診断が可能

原因

  • ストレス(仕事、転職、対人関係など)
  • 毎日の日程の変化(休暇、週末、残業)
  • 過激な運動
  • 天候の差(急な暑さ、寒さ)
  • まぶしい光
  • 煙、たばこ、香水、化学薬品の匂い
  • 食事を抜く
  • 睡眠時間が普段より多い又は少ない

食べてはいけないもの

  • アルコール
  • カフェイン
    • コーヒー、コーラ
  • チョコレート
    • カントリーマームを食べた直後に発作した経験あり。
  • 赤ワイン
  • 強い風味のチーズ
  • しょうゆ、味噌
    • みそ汁を飲んだら発作した経験あり。
  • 油で揚げた料理

食べるべきもの

  • 大豆(発酵した大豆製品は控える)
    • 大豆にはホスファチジルセリンが多く含まれている
  • 新鮮な野菜や果物
  • 新鮮な魚

効くもの・効かないもの

  • ナツシロギク科のフィーバーフュ―(ハーブの一種)
    • フィーバーフュ―は多くの人の偏頭痛の頻度を大幅に減らします。
    • 有効成分:パーセノライド
  • 偏頭痛のための薬は非常にきついものが多く、有益どころか有毒にさえなりうるのです。

リンク集

http://homepage2.nifty.com/E-Pharmanex/headache.htm

http://www.junglecity.com/pro/health/4.htm

このエントリーをはてなブックマークに追加

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-05-29 (火) 22:37:24 (3587d)