M.PSS

データ管理方式

PSS for Windows(以下、PSS) とは大幅に異なる独自のデータ管理方式を採用する。

PSS では SQLite DB でテキストデータを管理し、
音声ファイルで音声データを管理している。

ファイル配置位置

M.PSS 用のデータフォルダ (\Program Files\PSS\data) にデータファイル・フォルダを配置する。

PSS からエクスポートしたフォルダの単純なコピーのみで問題集を導入できるものとする。

制約

問題集毎にフォルダを置くこととする。

フォルダ階層構造は持たない。

ファイル形式

問題データは .pssdb7x 形式の限定版を用いる。 具体的には下記の制約を与える。

  • .pssdb7x のうち、
    • Folder 要素(つまりフォルダ構造)を持たない
    • Section 要素は1つのみ
    • qid 要素は必須(PSS との同期を想定)

音声データ は wav, MP3, ogg をサポートする。但し、初期版では音声データはサポートしない。

履歴データ は、M.PSS 専用の XML 形式(独自スキーマ)のファイルで保持する。

その他

  • 開発環境は?
    • .NET Compact Framework 2.0
  • ソフト名
    • 正式名称は P-Study System for W-ZERO3とする。
      但し、開発環境が .NET CF2.0 なので、PocketPC 全般でも動作する。
  • 音声再生機能は必須
    • PSS から音声データ(MP3/OggVorbis?)を転送できる仕組みが欲しい。
      → 「転送する問題の抽出機能」をかなりインテリジェントにしないと!
    • OggVorbis? どうやって再生するよ?
  • 学習モード
    • カードモード、カードモードR、4択モード、4択モードRをサポートする。
    • キーカスタマイズ機能は欲しい(どのキーでどの選択肢とするか)
  • データ転送方法ネット経由クレードル経由
    • ネット経由は、ユーザ管理なども必須なので Web 側の負担が大きい
    • クレードル経由は、「同期」機能を使うんだろうけど具体的な実現方法が不明
  • 学習記録の同期 は?
    • M.PSS 初期版では未サポートとする。
    • PSS 本体と M.PSS をマスター・スレーブの関係にしちゃう。
このエントリーをはてなブックマークに追加

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-08-06 (日) 01:27:56 (4822d)