PSS

このページについて

PSS Ver.8.4.0 以降で Microsoft Speech Platform に対応するための情報整理メモです。

Microsoft Speech Platform とは

  • PSS Ver.8.3.0 が対応していた Microsoft Speech API 5 (SAPI5) の後継版。
  • 2010/06 リリースの Version 10.1 と 2011/09 リリースの Version 11.0 がある。
    • 基本的に共存不可で互換性が実質的にないので排他的に選ぶ必要アリ。まぁ今なら 11 だろうな。
  • 対応OS: Vista/7/8 (XPは基本的に非サポートだが動くらしい)

対応方法

  • SAPI5 とAPI的なインタフェース自体は変わっておらず、アプリケーションから見ると実質的に「エンジン一覧が格納されているレジストリキーが変わった」だけ。
    • すなわち SpInitTokenComboBox? の第2引数(レジストリキー)を変えれば対応できるとのこと。

参考URL

このエントリーをはてなブックマークに追加

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-05-10 (金) 05:30:22 (1448d)